釣り初心者

はじめての釣り、何が必要?準備する道具(海・陸)

うめさん

釣り歴は長くなく、投げ釣りから始めて、メバリング、テキサスリグ、ショアジギング、オフショアを経て、今は新たな釣りを模索中。今はルアー8エサ2の割合。食べて好きな魚は釣ったことはないイシダイ。猫を2匹飼っている。

このコロナ禍で釣りをはじめた方も多いかと思います。長引くソーシャルディスタンスで、この春から釣りやアウトドアを考えている人もいると思います。

釣りをやってみたいが何が必要?とか、子供のとき以来、釣りを久しぶりにやるけど何使ったっけ?という人向けにこの記事を書きました。


どんな釣りをするかにもよると思いますが、とりあえずはじめたい方は、気軽に堤防で「ちょい投げ」「さびき釣り」にするといいと思います。

「ちょい投げ」は軽く投げる程度で、「さびき釣り」は真下に糸を垂らす釣りで、ここからはじめる初心者の方が多く、わたしもはじめての釣りは「ちょい投げ」からでした。

なにが釣りたいのか、どんな釣りがしたいのかは、釣りをしてるうちに見つかってくるでしょう。

  • 「ちょい投げ」で釣れる主な魚/キス・ハゼ・ベラ・カサゴなど
  • 「さびき釣り」で釣れる主な魚アジ・サバ・イワシなど


釣りをはじめる際に最低限必要なもの

実際に使ったものを撮影しました

釣り竿

糸を真下に垂らして手で糸を巻けば釣り竿はいらないですが、釣り竿無しではじめる方はなかなかいません。

リール

釣り竿に着け、糸を巻くためのもの。はじめてだと使い方がわからないかもしれないが、使っていればわかると思う。
写真のものはスピニングリール。

糸(ライン)

ハリからリールまでを繋ぐもので、素材や太さで強度や張りが変わる。

仕掛けとエサ、またはルアー

釣り竿にリールを着けて、ハリの無い糸を垂らしても魚は永遠に釣れません。
ハリを付けた糸を垂らしますが、エサを付けるハリなのか、ニセモノのエサにハリが付いているのか。

ライフジャケット

海に絶対に落ちません!って事はないです。もしものときに必ず着用。とりあえずなら安いモノでも、長く使うなら国土交通省型式承認品(小型船舶用救命胴衣TYPE-A)というものを選択しましょう。


最低限これだけあれば釣りは可能です。
エサ以外のものがセットとなって安く売っていますので、とりあえずそちらを購入するといいでしょう。


エサ

ちょい投げセットで使うエサは「ゴカイ」「イソメ」となりますが、地方によって名前が変わります。これらは釣具屋やエサ屋さんで購入しましょう。左が石ゴカイ、右が青イソメ。

サビキ釣りセットでは「オキアミ」「アミエビ」を使います。こちらも釣具屋やエサ屋さんで売っています。


次に揃えるもの

釣り自体は上記のものがあればできますが、しかし手が汚れたらタオルで拭いたり、魚を入れるものが必要になりますよね。



タオル

家にあるいらないものでもよいでしょう。

水が汲めるロープの付いたバケツ

堤防ではあったほうがいいですね。私が使っているものはセットで付いてきたものです。


ビニール袋

釣った魚やゴミを入れます。ゴミは必ず持ち帰りましょう。ホームセンターやドラッグストアで好みの大きさを選びましょう。

はさみ

絡んだ糸を切ったりします。とりあえずは何でもよいですが、すぐサビてしまうものがあります。実際に私が使ってるのがこちら↓PEラインも切れ、魚の血抜きのときも使えます。


プライヤー・ペンチ

魚からハリを外す際使用します。100均のものだとすぐサビてしまいます。


フィッシュグリップ・魚つかみ

魚を持つ際、タオルで押さえたりするのもよいですが、毒のある魚はタオルでも危険です。
そんなとき間接的に魚をつかめるものがあるとよいでしょう。2つとも現役で実際に使っているものです。


クーラーボックス

釣れた魚や、飲み物を入れておきます。最初のうちはホームセンターのものでもよいですが、持ち運びしやすいものにしましょう。慣れてきたらクーラーボックスの材質を気にするといいでしょう。実際の大きさを見た方がいいかもしれません。

保冷剤・氷

クーラーボックスに入れましょう。こちらもホームセンターのものでもよいです。

帽子・サングラス・防水または撥水ウェア・カッパ

熱中症予防、紫外線対策、雨対策。夏は必須、炎天下で長時間いると熱中症になります。自らの身を守りましょう。

タモ(玉網)

ふいの大物が釣れた、大物を狙う場合や、海に落とした浮いてるものなら拾えます。釣りにある程度慣れてから揃えてもいいでしょう。

ハリ外し

使うのにちょっとコツがいるが、魚からハリを外しやすくするもの。無くてもいいと思います。


以上、はじめての釣りでは何が必要?としてリストアップしました。
個人的には身軽でできるだけ軽量化して行くので、全てのものを持っていくわけではなく、準備するとき目的によって道具をチョイスしています。
海を眺めてのんびり釣りをするのも気持ちいいですよ!
では、釣りを楽しんで下さい!
読んでくれてありがとうございます!




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うめさん

釣り歴は長くなく、投げ釣りから始めて、メバリング、テキサスリグ、ショアジギング、オフショアを経て、今は新たな釣りを模索中。今はルアー8エサ2の割合。食べて好きな魚は釣ったことはないイシダイ。猫を2匹飼っている。

Pickup

1

2022.9/13更新 はじめに、あくまでも初心者レベルの個人的な意見で、大したことは言えませんが、伊勢湾ジギングを始める方や、一緒にボートに乗る方向けに記事を作りました。 撮影したジグの写真は、持っ ...

2

最近よく聞くSDGs。みなさんも一度は聞いたことがあるとは思いますが、何かと聞かれると詳しくはこたえられないという人も多いのではないのでしょうか。 簡単に説明すると、SDGsとは持続可能な開発目標(S ...

3

みなさんは釣りのマナーやルールを考えたことがありますか?どんなことにもマナーやルールが存在するものですが、誰もが楽しく釣りをするために今回は釣りのマナーについて考えてみました。 車は駐車禁止の場所には ...

4

新型コロナウイルスの出現により今までの生活が一変しました。手洗い、手指消毒、換気、マスク、そして密をさけるなどの新しい生活様式が実践される中で、釣りやアウトドアが大ブームだというニュースをよく見るよう ...

5

みなさん釣りをするのに何が必要かと聞かれたら釣り竿、リール、仕掛けや餌、ルアーなどを答える人が大半でしょう。 もちろんそれらがなければ釣りはできませんが、その中でライフジャケットを必ず必須道具に入れて ...

-釣り初心者